content.header -%>
お気に入りリンク

2006年09月28日

本物の愛を知らないで生きてきた主人公

=========================
 部屋も借り物で、オマケに部屋で置いて

いる家具類も、プロデューサーか

らのもらいものという無意識レベルで

毎日居心地の悪い主人公です。



 一人にはやや大きすぎるテーブルで、

彼は食事をするのもテレビを見るのも

自宅で仕事をするのにも兼用で使用して

いるんです。


 持て余すように、用事に振り分けて意味

なく座る位置を変えたりします^^



 要するに、彼には居場所がありません。

本来唯一くつろぐことができる自分の家の

はずなのにです。



 でも実はこんなことは社会人になった

彼がはじめて経験することではありません。


 小さいころ彼の両親は仕事で忙しく

まったく彼にかまってくれませんでしたね。



 その分彼は、小さなころより彼の祖母から

愛情をもらってなんとか育ってきたんです。

====================

 作者の沢木耕太郎せんせいは、それがいけ

なかったんだと言っているんですよね。



 
 親子には扶養の当然の義務があります。



 それが意味するのは、何も子供に食事を与

えることだけじゃないことは明らかです。


 なかなか大変なんだけど、それだけなら

まるでお金がかかりすぎる単なるペット。



 人間を全裸にしたまま、町中をニコニコ

散歩させようものなら警官に即逮捕される

でしょう(笑)

 
 おまけに首輪なんかはめてるんだから、

完全に精神異常者!!




 立派に大人になるまで、徹底的な干渉と、

愛情ある突き放しを重ね、あたたかく見守り、

時に厳しく接して躾けてゆくものでしょう。




 それなしに真の親子の絆が生まることは

ないのです。
===================
               3ページ

 また、それを知らないまま不幸にも育って

しまった大人は、その大切さを身をもって実感

していませんから、


自分の愛する人にもそういう薄情な愛情表現

しかできないのです。




 主人公にはやはり、そんな主人公に惹かれる

少し変わり者な女性だけが集まってきます。



 主人公は自分には出来すぎの不釣合いの大き

な企業に入社してしまいました。



 自分のことを孫のような寛大すぎるほどの愛情

で過大評価しすぎる人事部長のおかげでした。



 それでも彼は勘違いはしていないようです。

 少なくとも。


 この会社に入れたことは最初から間違っている

ようなもの、そんなくらいに彼はおもって

いるようでした。




 それでも彼はそんな借り物のアパートの

ような会社にいても、

特に居心地が悪くは感じませんでした。



 それは、彼の実家や、現在住んでいる

アパートでも同じようなものだからです。

借り物だらけの世界に慣れちゃっている

んです。
==================
              4ページ

 そして、おさない頃祖母が教えてくれた

料理の技術、自炊して一人で生き抜いてゆく

という人間の根源にふれるような感覚が、

彼の揺らぎそうな自尊心をガッチリと支えて

いました。これからも……


 「そうだったはずだったんです」




posted by news at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。