content.header -%>
お気に入りリンク

2006年08月30日

今日も読みました。新聞連載小説。

===================================
管理人が見る読売新聞連載小説「声をたずねて君に」12回
===================================


 身長が世間一般より高めという以外まったく平凡で他人との差別化が

はかれないという主人公。



 そんな主人公ですが

言葉については自覚的にならざるをえないということを、前回に引き続

き、例をとりあげながらつづっています。


 
 二年半務めていた会社を辞めるという主人公に対し、

上司は一応慰留し主人

公の指導係をつとめてくれていた先輩社員を主人公の下へやります。


 
 「腹を割って話そう」先輩はこう言うのです。

 どうしてそんなことが言えるのだろう。主人公は思いました。1ページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     
 二人の本当の本音。


 上司役からすれば、さしたる能力のない主人公が

1人やふたり辞めようと痛くも痒くもありません、が、社員定着率の悪さが

自分の人事考課の評価を悪くするかも知れないと考えて慰留したのでしょう。



 また、主人公の指導社員を務めたことがある先輩社員からしてみれば、

上司から主人公の本当の退職理由を聞き出すことを依頼されやってきたので

あって、主人公が本当に心配ではありません。むしろここを辞めるのは勝手だ

けど君程度の能力ではどこへ行っても通用しないよとすら考えているでしょ

う。



 自分が主人公の指導係を務めていたという一応のそのような他生の縁を

考慮してのことだったり、

当時主人公のことを一人前のサラリーマンに鍛えるべく自分は懸命に

教えてきたという自身へ向かったプライドであったりするのです。


 彼らからしてみれば、別にいつ辞めてくれても構わない人材なんですね。
                             2ページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 平常なら、主人公と一緒に食事をしたりお酒を飲んだり、

休日に遊びにでかけて行ったりするなどして親交を深めたいと思いません。



 そんな本音を腹に隠しているはずの先輩から思いがけず、

「腹を割って話をしよう」という言葉をかけられ主人公はとまどうのです。



 彼にとって言葉は人類同士が交信するためにコミュニケーションツールの

機能をもたせたていたりしている単なる字の羅列なのです。



 そして世界中のほとんどの人々もまた彼らとおんなじなんです。



 そんなことに一々注意なんか払おうとしません。だいいち時間のムダです

し、そんなことを考えたってキリがありませんよね。

 そんなことが気になるなんて一種のオタク状態みたいなもの。



 でも、主人公は違います。いちいち気になって仕方ないんです。

 解答を求めカタルシスを得ようとします。3ページ           
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 会社でも有能と評価される彼らのようなの立場の人間からしてみれば、

平凡すぎる主人公が会社で平凡な仕事だけしか与えられないのは当然と考え

ています。


 でも、客観的な自己評価ができない本人たちにとってはそんな評価待遇が

受け入れられず苦痛に思っているだろうと彼らは察しているのです。

 
 だから主人公は会社を辞めたくなったと。


 ところがです、大卒だったっからそこでは給料も高く、自分が平凡である

と認識できていた主人公にとっては

今の会社が不満では全くありませんでした。



 上昇志向が強く、成功する為のマインドと能力をそなえる彼らは、

そんな主人公の思考体系が理解できませんからどうしてだろうと悩むのです。



 ちょうどそれは彼らが言葉に対してどうしてそれほどまでに無自覚なんだろ

うと理解できずに悩んでいる主人公と同じなんですよね。


 沢木耕太郎先生は意図してこのようなストーリーを描いているように

ぼくには思われるのです。

posted by news at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月28日

彼女の霊感と、平凡すぎる僕について

 管理人読書コラム。読売新聞「声をたずねて、君に」



 卒業旅行で知り合ったことが縁で日本に帰国して社会人になってからも

交際をつづけていた主人公と蘇我ですが、

「結婚するから」という突然の彼女からの別れの言葉によって恋愛はそこで

破局してしまいます。



 ぼくはいずれこの女性と結婚するのだろうな、というあくまでーそんな

感じがするーと思っていた当時の主人公にとってそれは晴天の霹靂・寝耳に

水のことでしたが、その運命に抗おうとするだけの気概が何故かその時

うまれてはこなかった。「自分は彼女には本当は相応しくないのではない

か?」そんな思いが主人

公にはあったからなんです。


 →そのことについての管理人の感想は文末にあります。



 彼女は「わたしは、あなたを、あなたにしてあげることができない」

というミステリアスな言葉をのこして。

================================== 
 しかし、男女の関係ではなくなっても、その後もふたりの交信はつづきま

す。


 
 しかもそれは非常に奇妙なやりとりがつづくのでした。


 彼女にも、いやそれどころか誰ひとり知られるはずがない、

主人公の身内の不幸や、主人公が勤め先を辞めることなどを前もって

彼女は言い当ててしまうのです。


 ひぃっ〜なんかこわいですね。


 →つまり主人公の第六感なんか遠くにも

及ばない、強力な霊感や予知能力のような

ものを、彼女がもちあわせているから主人公は彼女とは釣り合いが取れていな

いような不和感を抱いていたんですね。きっと。



 そして、主人公は、自分があまりにも平凡なにんげんであることを

つらつらと吐露するのです。




 でもこんな凡人キャラクターでこれから勝負してゆくなんて、これから

どのようにストーリー展開させてゆくのでしょうかねー

 
 心配になってきますけど、たのしみです。


posted by news at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月27日

新聞連載小説についてコラムを投稿



ドイツへ大学の卒業旅行へ出かけた主人公は、旅先で大学生の女性と知り合

うのですが、その女性が非常に霊感が強いことを知ります。


 サッカースタジアムの入り口で気持ちが悪くなってしまう。

 彼女を誘った時の妙な後悔の念の正体がこれだったのかと思いつつ、

主人公はサッカーの試合観戦を断念しその地から離れることにします。 


管)友人と旅行にやってきたというのは元々彼女の嘘だったのでしょうかね。


 それからの海外旅行の残りを全て主人公と共にし、やがてすぐに

お互いの恋愛感情にまで発展し帰国後も交際を続けることになります。



 作者は異様なまでにこの話をはしょってしまいましたね。

 自分が書こうとしている話の展開の都合上でしょうか。


 たった二枚の原稿用紙の中で、主人公と蘇我という女性は恋愛関係にまで

発展し、帰国後大学を卒業してからも、東京と大阪の遠距離恋愛をつづけ

何の前触れもなく彼女から突然の別れを切り出されるまでを綴っています。



 あまり違和を感じさせないところがさすがだなーと思わされます。


 ただ、それでもあまりにも無謀だったとは思いますが(笑)

 はしょり方でももう少し読者を納得させる展開が必要と思いました。


 言うのは簡単でやってみたらとんでもなく大変であることは分かりますが。
 


  
 
posted by news at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月25日

管理人のコラムー読売新聞連載小説を読んで



 「声を訊ねてきみに」


 小説のタイトルにもありますように、今日の連載には若い女性が


登場します。




 やっぱり、今も昔も変わらぬのは男女の恋ってやつでしょうか。



 大学卒業を控えた主人公がドイツへ旅に出る。


 その異国の地で、主人公と同年代でおなじ大学生の女性と出会う。



 男子が熱狂し、女子にはその楽しさが理解できないサッカーについて、

この登場女性は強い関心を示すのです。



 本当は1人で楽しみたかったのに。そう思いつつ一応誘ってみる主人公。


 
 サッカースタジアムという所に1度訪れてみたかったのという女子学生。


 少し邪な興味だったことを知り、誘ってしまったことを少し後悔する


主人公……この辺のキャラクター作り、人間関係の巧妙な描写というのは


読んでいて為になるな。


 これイタダキ!!(明石屋さんま風で)
posted by news at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(6) | 日記

2006年08月22日

新聞連載記事についてのコラム第2話



 こんにちわ。

  
 当サイトは小説好きというか、小説家をめざしている管理人が、

勉強の題材のひとつとして活用させて頂いております、読売新聞連載小説

について、わがまま・身勝手・研究レポート兼コラムを発行しております。



 読売新聞「声をたずねて君に第四話」沢木耕太郎先生作品より。



 今回の管理人の研究成果。

 
 「今回の導入部は、この小説の主題・あらすじにかかわって

いる重要な回である。あるいは作家が仕掛けた伏線である。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               ▼





 ▼幼少当時を回顧している39歳の主人公の話です。


 両親は自営の仕事でいそがしく、その寂しさを紛わしてくれた

元教育者の祖母。主人公を映画館などによく連れて行ってくれたりしていまし

た。


 第四話は、この小説として沢木先生が書きたいテーマに関わる

重要な内容になるかも知れないエピソードが登場します。



 子供だった主人公が祖母にたいしさして意味もなく投げかけた会話が

さも意味ありげな波紋を呼ぶのです。

 

 両親の顔に似ていない主人公が、ぼくって本当にこの家の子供なのかな?

という疑問を祖母に言います。

================================= 
  
 


 祖母は、母が主人公をお腹に宿していた頃から神社へおまいりしていた

ことや、生まれた時神様へ改めて感謝したこと、

あまりの喜びで、イチョウの枯れ葉が敷き詰められた道が黄金色に輝いている

ように見えたと主人公に話します。



 それから祖母は、畳みかけるように主人公に

ーーわたし、には、似ているじゃないーーと言って

その時は主人公を安心させたのです。



 そして回想はふたたび、主人公にとってあまり重要な年齢でなかった

という29才の時に戻ってこの回は終了です。



 *ノンフィクション作家として実績を積み上げてきた沢木先生の

初の恋愛小説が当小説と書かれてあったと思いますが、

恋愛小説であっても、読者を引きこませるのはやはりミステリー。


 
 第4回つまり小説本でおよそ8ページ目辺りと思いますが、

小説の世界に引きこませる為に、さっそく技術を駆使してきたのかなという

のがぼくの今回の分析です。



posted by news at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月21日

新聞連載小説についての感想コラム

はじめまして。管理人のNEWSと申します。

 
 小説家という目標にむけて、小説を書いたり読んだりの修行中の身です。


 そんなぼくが、作家として大成されておられる先生方の小説について、

コメントするということ自体、無謀かつ常軌を逸した大それた行為である


ことは重重承知しているつもりです。



 が、ぼくもまたこれから広い大海へと航海してゆかなければなりません。


 だからあえて、その前に良い手本から学習させていただく精神と、

時には厚かましくも批判的精神を以って、

先生方の作品についてかたってゆこうと思っています。

 また、単純にたのしむことも忘れないでいたいです。

                    よろしく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 読売新聞で最近連載がはじまったばかりの

沢木耕太郎先生の「声をたずねて、君に」



 第三回です。


 現在39歳になっている主人公が、幼少の頃の自分の話について一人称

「僕は」でかたっているところです。



 主人公の両親は共働き。


 父は小さな運送会社を経営しており、母はその会社の事務職を

つとめていました。


 それで、主人公は比較的両親らと距離を置いて接していたということを

説明しております。



 少し違和を感じたのは、幼い主人公の寂しさを紛らわせる役割を果たして

いたという祖母ですね。



 教育者だったという祖母は60歳を越えていながらも、ヒールの高い靴を

履き、化粧もし、スーツを身に付けていたとのことですが、まあ教職を務めて

いたような方ならありえそうですが、とにかく孫の主人公に対してこの方は

やや薄情といいますか、自分勝手なマイペースを貫きます。


 教職者という理性的でお堅い職業の家庭で育ってきた母親が、

運送会社を経営する男性とはたしてロマンスが成立するのか、

そして結婚にまで到るだろうかという疑問がのこりますね。

祖母がたとえ個人主義だとはいえ。




 映画も子供が喜びそうなものを観ない。むしろあまり芳しくない内容のもの

を自分が見たいからといって平気で魅せる。元教育者にしては異常とも

いえる変人ぶり!



 まあ、物語ははじまったばかりなんですがねー。

 作者があえてこのような異常な状況設定にしている可能性もあります。


 

 祖母が好んで寄った喫茶店のマスターが、祖母に対し一定の好意を

寄せていたというエピソードですが、

多角的視点を用いて、あくまでさりげなく立体的な人物造形を

完成させています。


 このあたりはさすが大先生だなーと思いました。



 なにせ新聞連載1回分の文字数は400文字程度。


 つまり原稿用紙でおよそ2枚ですよね。


 
 限られた1回分の文字数で、読者にわかりやすい文章になっていて、

その一回きりでたのしめるものでなければなりませんよね。



 さらに、次回の連載について読者が期待を寄せるようなストーリー展開

であることも条件だと思いますし、かなり大変な作業だな。

 
  
 


posted by news at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。